.

通常のビギナー向けのFXの教科書では、「差損が生じた状況ではナンピン買いをすることによって、全体のコストを低くする事が出来る」などと記述されていたりする事もありますが、現実にはここには相当のリスクがあると考えます。農地 ソーラーシェアリング

まず、ナンピン買いの仕組みに関して分かりやすく述べます。アトピスマイル 口コミ

たとえば、100円で1ドルを買ったとします。わきが 女

$(ドル)買いだから円安ドル高に推移するほど儲けが出るわけだが、1ドルが95円まで円高ドル安方向に進んだとします。東海道線ひとり旅。名古屋で包茎手術

その場合ポジションを維持し続けたら、利益がでるためには、損失分、円安に向う必要があります。日焼け止め対策 ビオレ

みんな、赤字は可能な限り早く取り戻したい願うだろう。ロスミンローヤル 効果 写真

ここではじめに売り買いしたのと同じ分の$(ドル)を1ドルを95円でエントリーします。ゼロファクター 口コミ

それで、ポジションの平均の買い付け価格は97円50銭まで引き下げることができます。ロスミンローヤル 口コミ

この結果、半分の幅でドル高に推移すれば、損を回復できます。ルメント スパークリングオイルクレンジング

こういったことがナンピンの仕組みです。ピューレパール

このような、ナンピンの理論を耳にすると、「確かに」という風に思うが外国為替市場は容易には問屋を卸してくれない。

元々、95円より下がらないとは、誰にも予想できません。

例として、マーケットが相当に強いドル安トレンドだとすれば、1ドル95円ではとどまらず更に一段のドル安になる可能性がある。

一例として、1ドル97.50円でナンピンを入れたにもかかわらず1ドル=95円までドル安になっとしたならば、ナンピン買いしたポジションにも赤字が生まれます。

そういう状態では初めに持ったポジションとトータルで、ダブルで損を被ります。

このように、ナンピンは難しいのだ。

それなら、相場が自らのストーリー展開とは別の方向にさっさと進んでしまった場合どういう手段で危険を回避すればいいのでしょうか。

この場合選択する術は2つしかありません。

まずはじめは潔くあきらめて損を確定する事です。

もうひとりはその時に、持っている買いポジションを少なくして改めてマーケットが回復するのを動かないで待つことだ。

大人しい方法だとおっしゃる投資家もいると思います。

しかしながら、自分が所有している買いポジションにマイナスが生じた時、一番リスクが低いやり方はこれ以外にはありえません。

無論、ロジックのうえでは、ナンピンという対策もあるように思えます。

けれどもナンピン買いは自分自身がマイナスになっているにもかかわらず、買いポジションを無くすどころか、それとは反対に買いポジションを買い増していく手段です。

それでは、危険を避けることなど、どうやっても不可能だと思うべきです。

ナンピン買いを続ける事ができればその内利益を上げられるかもしれません。

だが、そうなる先に資金がマイナスになってしまいます。