.

一般の人が破産を申請するまでの間では当事者に直接の電話によった借金徴収と、負債者人の住んでいる家への訪問での徴集は法律無視ではないということなのです。78-3-55

そして、自己破産に関する書類手続きに進んだあと申し立てまでに長い時間があったケースでは債権保持人は無理な収集を行ってくる確率がアップします。78-13-55

債権保有者側からすると返納もすることなく、破産などの正式な処理もなされないといった状態だと企業内部で対処を行うことが不可能になるからです。78-8-55

他にも債権保有者の過激なタイプは専門の人間につながっていないとわかると、強硬な取り立て行為を繰り返す企業も出てきています。78-11-55

司法書士の人や弁護士事務所にアドバイスを求めたときには、債権人は借金した人に対して直接集金を続けることが不可能になります。78-6-55

相談を受諾した司法書士の担当者あるいは弁護士の担当者は案件を請け負ったという意味の通達を各取り立て会社に送ることになり各取り立て業者がその文書を受け取ったならば債務者は取り立て屋による乱暴な収金から逃れられるのです。78-17-55

ところで、取り立て企業が職場や親の自宅へ訪問しての集金は借金に関する法律のガイドルールで禁止されています。78-19-55

貸金業で登録が確認できる会社であれば勤務先や親の自宅へ訪れる集金は貸金業法規制法に抵触しているのを理解しているので、法に反していると伝達すれば、返済請求を維持することはないと言えます。78-16-55

破産の手続き後は、申立人に対しての取り立てを含めて、集金行為は許されなくなります。78-14-55

よって、取り立て業者からの徴集行動はすべて消えてなくなるということです。78-9-55

しかしながらたまにそのことを分かっているのにやってくる取り立て屋も存在しないとは考えられません。

貸金業として登録が確認できる企業であれば破産に関しての手続きの後の徴集行為がガイドルールに反しているのを分かっているので、違反だと言ってしまえば、そういう返済請求をし続けることはないと思います。

とはいえどもブラック金融と呼ばれる登録外の会社についての場合は常識外で、法外な返済請求などによる被害事件が減らないという現実があります。

裏金が債権者の中に存在するケースではどんなときであれ弁護士法人および司法書士法人などの専門家に頼むようにした方がいいといえます。



78-4-55 78-15-55 78-7-55 78-18-55 78-10-55