.

一般的な経験の浅い方向けのFXのテキストでは「損失を被った場面ではナンピンによって、全体の平均の買い付けコストを小さくする事が出来る」などと述べられている事もありますが、ナンピン買いには大きなリスクがある。最初に、ナンピンの方法に関して手短に説明しておきます。仮定として1ドル100円でドルを買ったとします。$(ドル)買いのため、ドル高に動くほど黒字が大きくなりますが、1ドル95円まで円高が進んだとします。この状態で維持し続けたとしたら損失が戻るためには、損した分、円安ドル高に向わなければなりません。誰もがみんな、マイナスは早めに戻したいと思います。そのため最初に取引したのと同額分の$(ドル)を売買します。それによって、ポジション全体の平均の買い付け単価は1ドル=97.50円まで安くする事が出来ます。すなわち、2.50円の幅でドル高が進行すれば、損失を取り戻す事が出来ます。こういったことがナンピン買いのロジックだ。こういうふうに、ナンピン買いのやり方を理解すると「もっともだ」と考えるが為替相場は易々と思うようにはいきません。もとより、95円が下値だということなど誰にも予想できません。為替相場がかなりのドル安動向であれば95円ではとどまらず一段の円高ドル安に向うリスクがあります。例として、1ドル97.50円でナンピン買いをするとしても、1ドル95円まで円高ドル安になっとしたならば、ナンピン買いをした分についても、損が生じます。これでは、最初に売買したドルとトータルで、更なるマイナスが生じます。例示したとおり、ナンピン買いはややこしいです。それならば、為替が自らのシナリオとは反対の方向に素早く向ってしまった場合どういう方法でリスクを軽減すればいいのだろうか。ここで選択できる手段は2つあります。ひとつめは観念してポジションを諦める事です。もうひとりは、今現在、自分か保持しているポジションを少なくして改めて為替相場が戻るのを動かないで待ち望むことです。かなり弱腰の手段だと感じる人もいます。しかしながら、自分が保持しているポジションに損失が出た場合一番有効な方法はこれよりいいものはありえません。無論、理論としてはナンピンするという手段もあると思います。だがしかしナンピンは自分自身が損失を出している状態で、ポジションを小さくするどころか逆に買いポジションを積み重ねていく対策です。これでは、危険を削減することなどどう頑張っても無理だと思ったほうがいいです。ナンピンをし続ければ最終的には儲けが出るかもしれません。しかし、それより先にお金は不足してしまいます。